水道が凍結したら

冬は寒さが厳しく雪が降る札幌では特有の住環境トラブルがあります。
1.屋根に積もった雪の落下によるトラブル
2.地盤が凍結による凍上によるトラブル
3. 給水管・配水管の凍結によるトラブル

特に多いのは温暖な地域ででは考えられない、水道管の中の水が凍結して蛇口を開いても水が出ないというトラブルがあります。

-こんな時に凍結します-
○外気温がマイナス4度以下になったとき。
○おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど長時間水道を使用しないとき。
○「真冬日」(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき。

○軽い凍結の修理
露出している管(保温筒などは取り外す)や、蛇口などにタオルを巻きつけ、上からお湯をゆっくりかけると、水が出るようになります。
06_15.gif

○解氷パイプが取りつけてあるとき
キャップを上に持ち上げて取りはずし、立ち上がり管に、図のようにお湯を注ぐと床下にある管の解氷ができます。
06_16.gif
札幌市水道局HPより引用

それでも水がでない場合は専門家に依頼することになります。
解氷の方法は鉄管・銅管の場合は電気解氷器を使い、パイプにプラス極とマイナス極の大きなクリップを付けて電気を流し、水道管自体を暖めて氷をとかす方法です。
電気を通さないビニル管や、ポリエチレン管等の凍結の場合は蒸気解氷器を使用します。
btn_inquiry_2.jpg
札幌市水道局の指定業者182業者が加盟している札幌市管工事業協同組合は水道のトラブルを24時間365日受付して、登録している業者の中からその日の当番業者か最寄りの業者を選択し工事をしてくれる札管協修繕センター
緊急時のトラブルには頼りになるシステムです。