既存住宅インスペクションとは?

1 既存住宅インスペクションとは

中古住宅は、新築時の品質や性能の違いに加えて、その後の維持管理や経年劣化の状況により物件ごとの品質等に差があることから、専門的見地から目視等を中心とした非破壊による現況調査を行い、構造安全性や日常生活上の 支障があると考えられる劣化事象等の有無を把握しようとするサービスです

2 既存住宅現況検査の内容

検査項目は、検査対象部位と確認する劣化事象等で構成され、劣化事象等につい ては部位・仕上げ等の状況に応じた劣化事象等の有無を確認することを基本とす る。

① 構造耐力上の安全性に問題のある可能性が高いもの

(例)蟻害、腐朽・腐食や傾斜、躯体のひび割れ・欠損等

② 雨漏り・水漏れが発生している、又は発生する可能性が高いもの

(例)雨漏りや漏水等

③ 設備配管に日常生活上支障のある劣化等が生じているもの

(例)給排水管の漏れや詰まり等

但し、現況検査には次の内容を含むことを要しない

① 劣化事象等が建物の構造的な欠陥によるものか否か、欠陥とした場合の要因が 何かといった瑕疵の有無を判定すること

② 耐震性や省エネ性等の住宅にかかる個別の性能項目について当該住宅が保有 する性能の程度を判定すること

③ 現行建築基準関係規定への違反の有無を判定すること

④ 設計図書との照合を行うこと

3 検査方法

目視を中心としつつ、一般的に普及している計測機器を使用した計測や触診・ 打診等による確認、作動確認等の非破壊による検査を実施する。

① 構造耐力上 の安全性に 問題のある 小屋組、柱、梁、床、土台、 床組等の構造耐力上主要 な部分

• 構造方式に応じ、木造にあっては蟻害・腐朽が、鉄骨造にあっては腐食が、鉄筋コ ンクリート造にあっては基礎において検査対象とする劣化事象等が生じている状態 著しい欠損 や接合不良等 が 生じている状態 目視、触診 打診、計測 問題のある 可能性が高 いもの な部分

• 著しい欠損 や接合不良等 が 生じている状態 床、壁、柱

• 6/1,000以上の傾斜が生じている状態(鉄筋コンクリート造その他これに類する構造 を除く) 計測 基礎

• コンクリ トに コンクリ ートに 幅0 5. ㎜以上のひび 割 れ 又 は 深 さ20 ㎜以上 の欠損 が 生じている状態 目視

• 鉄筋コンクリート造で鉄筋が腐食している可能性が高い状態(錆汁の発生)や腐食す る可能性が高い状態(鉄筋の露出) 目視 計測

② 雨漏り・水漏 れが発生 外部 屋根、外壁

• 屋根葺き材や外壁材に雨漏りが生じる可能性が高い欠損やずれが生じている状態 目視 し ている、又は 発生する可 能性が高い もの

• シーリング材や防水層に雨漏りが生じる可能性が高い破断・欠損が生じている状態 屋外に面した サッシ等

• 建具や建具まわりに雨漏りが生じる可能性が高い隙間や破損が生じている状態

• シーリング材や防水層に雨漏りが生じる可能性が高い破断・欠損が生じている状態 目視 内部 小屋組、天井、 内壁

• 雨漏り又は水漏れが生じている状態(雨漏り・漏水跡を確認) 目視

③ 設備配管に 日常生活上 給排水 給水管、給湯 管

• 給水管の発錆による赤水が生じている状態

• 水漏れが 生じている状態 目視、触診 日常生活上 (通水) 支障のある 劣化等が生 じているもの 管

• 水漏れが 生じている状態 (通水) 排水管

• 排水管が詰まっている状態(排水の滞留を確認)

• 水漏れが生じている状態 目視、触診 (通水) 換気 換気ダクト

• 換気ダクトが脱落 し 又 は接続不良により 換気不良となっている状態 目視

4 書面による報告書

① 検査業務の実施概要

• 検査事業者 の名称等 以下 に 掲げる事項 を内容とする検査結果 を、書面による報告書として依頼主 に報告(提出) 検査事業者 の名称等

• 検査を行った検査人の氏名(資格を有する場合は資格名称と免許等の番号)

• 検査実施日時、所要時間、天候

② 検査対象住宅 の概要

• 検査対象住宅の所在地、構造・階数・規模、建築時期、住宅の工法とこれらの確認方法

• 関連図書等 ※の有無に関する確認結果と確認方法

③ 現況検査の結果 検査部位・確認する劣化事象等で構成されたチェックシートに以下の事項を記載

• 検査した部位 と確認 す きべ き劣化事象等※※ が 認 められたか 否 か(認 められ た箇所については そ の写真) ※※ 構造耐力上の安全性に問題のある可能性が高い劣化事象等、雨漏り・水漏れが発生している又は発生する可能性が高い劣化事象等、設 備配管に日常生活上支障のある劣化事象等を確認

• 対象住宅の状況により検査できなった部位:その理由と写真

• 部分的にしか検査できなかった部位:その理由 と写真、検査できたおおよその できたおおよその割合

④ 検査結果に係る留意事項

• 瑕疵の有無を判定するものではなく、瑕疵がないことを保証するものではないこと

• 報告書 の記載内容について 検査時点からの時間経過による変化がないことを保証するものではないこと

• 報告書 の記載内容について、検査時点からの時間経過による変化がないことを保証するものではないこと

• 建築基準関係法令等への適合性を判定するものではないこと

• 報告書の複製等に関する制限や第三者が利用する場合の取扱いに関すること