住宅用火災警報機の選び方

住宅火災で亡くなられる人の数が増加しており、そのほとんどが逃げ遅れによるものです。さらに、高齢者(65歳以上)が半数以上を占め、今後、高齢化社会の進展とともに、死者数は増加するおそれがあります。札幌市では平成20年(2008年)6月1日から、住宅用火災報知器の設置は必要です。

住宅用火災警報器には、煙感知式と熱感知式の2種類があり、火災では温度が上がるより先に煙が出ますので、煙感知器のほうが早く火災を発見できます。札幌では原則として全て煙感知式を設置しなくてはいけませんが、例外として狭い台所は煙や湯気などに煙式感知式が反応しますので熱感知式を設置することができます。

設置場所は、就寝室(子供室や寝室)2階に就寝室がある場合は階段と、札幌市の場合は条例で台所も必要です。札幌市消防局のHPに、住宅用火災警報器設置判定プログラムがダウンロード出来ますのでお試しください。

電源は電池タイプと家庭用100V電源タイプと2種類ありますが、リフォームには電池タイプの方が設置しやすく、資格は必要ありません。(電源タイプは電気工事士による設置が必要です)

警報システムは火災を感知した火災警報器だけが鳴る単独型と、火災を感知した火災警報器だけでなく、接続されている全ての火災警報器が鳴る連動型があり、リフォームでは配線が必要なタイプよりも、無線式の方が設置しやすいです。

天井でも壁でも設置できますし、警報音だけではなく、音声警報や光警報・フラッシュ警報などもあります。国の基準に適合し、日本消防検定協会の検査に合格した製品には、鑑定マーク(NSマーク)が付いている警報器を設置してください。
ns_mark.gif