ヒートショックを未然に防ぐ

家庭内での不慮の事故死の原因は・転倒・転落・不慮の溺死・溺水で50%を超えます。段差を解消して手すりを設置して、”つまずき””ふらつき”を未然に防ぎ、安全性を高めるバリアフリーリフォームを行っています。

冬場に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください! 消費者庁HP参照

住宅内の温度差をなくすバリアフリーも重要なリフォームです。
上記の転倒・転落・不慮の溺死・溺水の原因は、突然”立ちくらみ”気を失う”失神する”意識喪失”などの状態になり、転倒したり入浴中に溺水する事例が多くを占めています。
要因の一つとして、室温の急激な温度変化に血圧の上昇・下降によって、脳梗塞や急性心筋梗塞をおこすことが考えられます。(ヒートショックといわれてます)
札幌のような寒冷地では、冬にトイレや浴室・脱衣室は危険で、暖房がない場合は更に危険が増します。温度差の目安として、居間の室温より10℃以上の室温差がある場合は、温度差をなくすバリアフリーの検討をお薦めします。
対象になる場所は、玄関・廊下・寝室・トイレ・脱衣室・浴室で、冬に温度計を設置して温度差を把握しておくことが大切です。

札幌での温度差解消バリアフリーリフォームのポイント
・玄関~ 玄関ドアを断熱タイプのドアに交換したり、ポスト口がある場合は断熱タイプに交換又は戸外に設置する。外部に風除室を新設しても効果はあります。
・廊下~ 玄関に対し内部に風除戸設置して、空間を分離する。外窓を高断熱タイプに取替えたり、内窓を断熱性の高いタイプに取替える。
・トイレ~ 窓の高断熱化や暖房機能付き洗浄便座への取替え
・脱衣室~ 札幌ではボイラーの廃熱によって無暖房が比較的多い。
・浴室~ 浴室用暖房機やミストサウナの設置。シャワーを使って浴槽にお湯を入れる事で浴室内温度を上げたり、家族が入浴した後に入浴するなどの工夫でも改善されます。
・各場所暖房機を設置する場合は、既存の暖房システムの再検討をしてみて下さい。
個別に設置する場合は、電気パネルヒーター又は電気オイルパネルヒーターが適しています。

北海道ちくだんシステム株式会社HP参照

電気オイルパネルの特徴
・設置が比較的簡単
・狭いスペースに適している
・燃焼を伴わず火事や火傷の危険が少ない
・空気を汚さず換気が不要
・騒音がない
・臭いがない
・メンテナンスが不要
・排気が出せない場所でも設置可能