耐震リフォーム

耐震補強は、住宅を倒壊させない基本的な方法です。

倒壊さえしなければ、家族の生命そして住み慣れた地域を守り、多くの人命を失わずにすみます。地震に強いことが住宅の基本的な性能である事を認識した上で 、住まいを倒壊させないように、 住宅を消耗品と考えるのではなく、欧米並みに長く使う 発想の転換が必要と考えます

耐震診断の結果、地震の時に倒壊の危険性を回避する為、耐震リフォームが必要となった場合、併せて断熱化も検討することをお薦めします。

耐震改修は、筋かいや構造用合板の取替や新たな設置、基礎、土台、柱、梁、筋かいなど
相互の接合部などを強固なものとするための専用の金物等での補強などを行います。
その施工の際には、外装を撤去してこれら接合部を現しとする必要性が発生し、
外装を撤去した時点で 断熱材が現しとなり、容易に断熱改修を行うことが可能になります。

このように耐震改修に併せて断熱改修を行うことによって、別々に工事を行う場合に比べると、工事費用の低減が出来て、併せて工事期間の短縮が可能です。