浴室サイズの選び方

ユニットバスはサイズがほぼ規格化されていて、縦方向と横方向のサイズを10cm単位の数字で表わして「1216」「1616」「1620」等があります。

例えば「1616」の場合、縦方向160cm、横方向160cmで1坪タイプと言われ、呼び方も「1616」を「イチロクイチロク」と呼んでいます。

浴室リフォームといえば、タイルを張った造り風呂からユニットバスへのリフォームが主流でしたが、ユニットバスを住宅に採用し始めてから25~30年位経つので、今後はユニットバスからユニットバスへの浴室リフォームが主流となることになります。

浴室のサイズも「1216」や「1616」が主流でしたが、最近ではバリアフリー対応で大きめの「1620」1.25坪タイプもプランを検討されています。

私が現在プランしている浴室リフォームの話ですが、お客様の現在のユニットバスのサイズが 「1221」 長方形の変形1坪タイプなのです。(江本工業製、ほくさん製等)
以前は浴槽は小さめですが洗い場が広く、家族で入浴できると結構採用されたサイズなのですが、現在では大きめの1.25坪タイプを製造メーカーが従来より価格を抑えて販売しているため、製造がされていませんでしたが、最近のリフォーム需要から、メーカーも再度「1221」サイズを製造し始めました。
TOTOが販売しているサザナシリーズでは「1220」サイズが合うと思いますのでご検討してはいかがでしょうか
戸建住宅向け システムバスルーム HP参考

タカラスタンダード㈱が販売しているぴったりサイズシステムバスは間口方向1514~2489mm、奥行き方向1040~1864mmの範囲で25mm刻みで製作してくれます。
受注生産品なので納期がちょっとかかりますが、浴室リフォームでサイズについてお困りの時は検討してみてはいかがでしょうか。
HPはこちらです